労務コンサルティング

就業規則の作成などの社内規定の整備、従業員の採用や解雇といった雇用に関する問題、残業代や社会保険料のコスト削減に関するお悩みなど、
お客様の労務管理を幅広くサポートいたします。

以下のような不満や悩みをお持ちの事業主様はぜひ一度私たちにご相談ください。
  • 従業員のモチベーションを上げるにはどうしたらいいのか?
  • コスト削減を図りたい
  • ウチの会社は残業代払いすぎてるんじゃないの?
  • 従業員の仕事と育児の両立を図りたい
  • 就業規則を作りたいけど何から始めたらいいか分からない
労務管理とは何か

労務管理とは会社業務の生産性を向上させること、利益拡大を目指して従業員のモチベーションを高めることを目的とした
管理全般のことを指します。具体的には従業員の採用、昇進・昇給、労働時間の管理、教育訓練、福利厚生といった
従業員に関するあらゆる事柄が労務管理になります。

近年では非正規雇用労働者や夫婦共働き世帯の増加によって多様な労働形態が一つの会社に混在することになり、労務管理が複雑化しています。
またそれに加えてコンプライアンスに則った労務管理を行うことが求められており、会社にとって労務管理は大きな懸案事項になっています。

就業規則の重要性

就業規則とは始業・終業の時刻、休日、賃金などをはじめとした従業員のありとあらゆる労働条件や社内ルールを定めたものです。
常時使用する労働者が10名を超える会社は法律によりこの就業規則を作成して所轄労働基準監督署に提出しなくてはなりません。

従業員が働く際に守るべきルールが定まっていなければ社内秩序を維持することは難しく、生産的な企業活動を行うことは不可能と言えます。
また社内ルールを制度化していないと従業員の不満が発生して優秀な人材が退職してしまったり、
退職時の扱いを巡って労使間の紛争が起きてしまう可能性もあります。

就業規則を制定しておけば従業員が働きやすい環境づくりが可能になり、労使間のトラブルも未然に防ぐことができると言えます。
また、万が一労使紛争が生じてしまった場合でも、就業規則は会社を守る根拠資料となりますので、必要不可欠なものと言えるでしょう。

ぜひ、就業規則の重要性を今一度認識して頂き、御社の就業規則の作成・見直しを私たちと行いませんか?